こんばんは。ドラマ・映画大好きのまーくんです。

今回は、2020年春ドラマの1つである、
日テレ毎週水曜・深夜枠の「FAKE MOTION -卓球の王将-」についての情報記事です。

「テニプリの卓球版に見える……??原作はマンガ??」

「微妙に、気になってはいたけど、見逃した……。。。」

といった方も多いと思いますので、
見逃し配信・無料動画を観れる動画配信サービスについて、
ご紹介していきます。

「FAKE MOTION -卓球の王将-」の見逃し配信

dTVから見る

https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10035354?word=fake%E3%80%80motion

dTVから観ることが出来ます。

「FAKE MOTION -卓球の王将-」をHuluで見る

14日間無料で試せるので、Huluで見るのがオススメです!

Huluの無料お試しは簡単1分で登録完了

dTVとHulu以外の動画配信サービスでは、
「FAKE MOTION -卓球の王将-」の見逃し配信は行っていないので、気をつけてください!

また、Huluは超特急の「オトコ磨きの旅 超特急の鋼メンタル!」を見ることも出来ます!

「FAKE MOTION -卓球の王将-」のあらすじ

「FAKE MOTION」の概要

世は空前の卓球ブーム。
リズミカルな音を奏でる世界最速の球技に人々は敬意を払った。

トレンドの中心は卓球。高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく……卓球の勝敗。
卓球の強い高校は、部員のみならず神の様に崇められた。
戦国時代の領地争いの如く、高校同士の覇権争いは、熾烈を極める。
卓球ランクが下位の高校は上位の高校に絶対服従。

誰かがこの時代を、こう呼んだ——。

——『卓球戦国時代』と。

公式サイトより

「FAKE MOTION -卓球の王将-」はマンガ原作かな?
と思う方が多いと思いますが、

ドラマ ✖ 音楽 ✖ コミック

3つが組み合わさった総合エンターテイメントプロジェクト

というメディアミックス作品です!
なので原作はなく、この3つが同時に動き出す作品のようです。

そして、この3つを牽引しているのが、
『EBiDAN』『まふまふ』『おげれつたなか』さんです。

ドラマ:EBiDAN

EBiDAN(エビダン)は、芸能事務所スターダストプロモーションに所属している演劇集団。
10代20代中心の男性タレント・俳優で構成されています。

スターダストプロモーションということなので、ももクロの弟分的なイメージでいいかと思います。

「超特急」や「PrizmaX」「DISH//」はちょっと取り上げられていましたね!

楽曲プロデュース:まふまふ

Youtubeやニコニコで大人気のマルチクリエイター。
Youtubeのチャンネル登録は230万を超えています。すごいですね!

歌はもちろん、作詞や作曲・編曲、そして動画編集まで自分で作り、
日本のみならず海外でも支持されている大人気クリエイターさんです。

コミック:おげれつたなか

すごい名前ですよね笑
名前とは裏腹な画力と繊細な心理描写で、超超実力派な漫画家さんです。

BL方面で主に活躍されていたそうですが、
もともとの画力が高いということもあってBL以外でも活躍の場面を広げているみたいです!

「FAKE MOTION -卓球の王将-」のキャスト

登場人物が少し多いと思いますが、
学校ごとに考えると少し整理しやすいと思います。

主人公がいる『恵比寿長門学園』

絶対王者である薩川高校を倒すべく果たし状を叩きつける

高杉 律:佐野勇斗(通称リッツ・主人公)

桂 光太郎:古川毅(通称コウ様・エース)

松陰 久志:北村匠海(部長)

日下 丈道:橘柊生(通称タケさん・副部長)

絶対王者『薩川大学附属渋谷高校』

東東京を完全に支配している絶対王者

西郷 吉之助:草川拓弥(エース)

島津 晃:小笠原海(部長)

大久保 利一:福田佑亮(副部長)

中村 ジローラモ:村田祐基

小松 武明:船津稜雅

『都立八王子南工業高校』

沖田 彩:矢部昌暉

市村 辰:泉大智

近藤 勇美:森崎ウィン(エース・部長)

土方 歳鬼:板垣瑞生(副部長)

『浅草雷門高校』

木曽 義雄:池田彪馬

原田 頼朝:加藤諒

『代官山高校』

典型的な悪役キャラが多く悪質なプレーも見られるライバル校

板垣 進介:尾北翼

後藤 洋二郎:坂口涼太郎

ネタバレなしでの1話感想

約1時間ドラマかと思ってたら、約30分ドラマだったので、
すぐ終わってしまった。

急展開とかもなく、丁寧に作られていた印象で、
女性でも男性でも普通に楽しく観れる作品だと感じた。

主人公の高校のメンバー同士の絡みは、
2話移行なんでしょうねー。
今回は、あくまで触り程度でした。

「下剋上ストーリー」や「キャストに推しメンがいる」「スポーツドラマ」が好きな人には、
かなりオススメ出来る作品になると期待しています!

30分ドラマなので肩の力を抜いて気軽に観れるので、
そういった点からも、2話早く観てみたいなーと思います。

おすすめの記事